So-net無料ブログ作成

北海道旅行7日目<十勝~静内~苫小牧> [travel]

5月6日 8:30
北海道横断旅行も今日が最終日。
最終日にふさわしく、抜けるような青空の下、屈斜路湖畔の宿を出発しました。

まず向かったのが、北海道出身の同僚が「是非行ってみてくださーい!」と薦めてくれた
神秘の湖「オンネトー湖」
とても小さな湖で、ガイドブック等にもあまり載っていない、知る人ぞ知る穴場スポット。
季節や天候、見る角度によって湖面の色が変わるという不思議な湖で、別名「五色沼」
と呼ばれています。
まだ時期が早かったのか、今日の湖面は氷に覆われていました・・・残念。

次来るときは、絶対見てやるぞ~!

ちょっとペースを上げて、次に向かうは「おいしいものたくさん」のまち、帯広。
乳製品やジャガイモ、とうもろこしなど、北海道ならではの味覚が楽しめる帯広は
少し郊外へ出ると、見渡すかぎり牧場!畑!牧場!畑!
馬、牛、羊などの家畜もたくさん放牧されています。
美瑛の風景も北海道らしくて素晴しかったですが、帯広のそれもまた北海道の王道ですね。
帯広といえばやっぱり「豚丼」
焼いた豚肉にタレをからめて、アツアツのご飯に乗せて頂く、シンプルかつ豪快なドンブリ。
ちょうどお昼時だったこともあり、有名店は軒並み大行列!
朝ごはんを多めに食べたこともあり、お昼は軽めにしようか、ということで豚丼はあきらめ
ちょっと郊外までクルマを飛ばして、牧場の真ん中にある、「カントリーパパ」というお店へ。
チーズやジャガイモを使った家庭料理が味わえる、とってもほのぼのとしたステキなお店。
お庭(というか牧場)には、ヤギとポニーが仲良く遊んでました(^^)


帯広を満喫した後は、旅の最終ビューポイントとなる「サラブレッド
銀座」新冠&静内へ。
雪がまだまだ残る日高山脈を越えて、走ること2時間。
日高に入ったあたりから、サラブレットの姿がちらほら見え始めましたが
新冠に着いたときにはすでに5時を過ぎていたので、お馬の姿もまばら・・・
時間も時間だし事前下調べも何もしてなかったので、残念ながら名馬見学は出来ませんでしたが
一面に広がる生産牧場の数の多さ、広さに大感激☆☆まさに銀座ですね!
夕焼けをバックに、牧場を走り回るサラブレッドたちの姿は、競馬場で見るのとはまた違った
美しさがありました。
名馬見学は次回までのお楽しみにとっておきましょう♪

さあ、日も暮れ始めたので、帰りのフェリーが待つ苫小牧へ向かうことに。
静内から苫小牧までは、海沿いの道をまっすぐに、60キロくらい。
この海がね~、ほんっとキレイだった!
沈む夕焼けが、うす雲と混ざって淡い色を放ち、海をなんとも不思議な色に染めてるんです♪
ミルク色というか、パールというか・・・キラキラしててね。(写真だと分かりにくいけど・・・)
北海道旅行のラストを飾るにふさわしい、ナイスビューでした☆


20:00くらいに苫小牧フェリーターミナルへ到着。
ここまでの総走行距離-2000キロちょい!よく走りましたね~(^O^)
事故もなく、故障もなく、警察のお世話になることもなく、無事に戻ることが出来て良かった!
ホコリまみれの体を、帰ったらキレイに洗ってあげなきゃね~!クルーズ君お疲れ様でした。

23:45 大洗港へ向けて「さんふらわぁ号」出港!
途中、天候不良でかなり揺れましたが、たいした船酔いもせず、翌日19:00着岸。
心配していた帰省渋滞も全くなく、大洗から常磐道で1時間ちょいで埼玉へ戻ってきました。
長旅の疲れをチューハイで流し込み、早速撮ったビデオを鑑賞☆
思ったよりもかなりキレイに撮れててビックリ!光学式手ブレ補正ってすごいんだねえ・・
どれもなかなか良く撮れてたけど、何がウケたって、ダンナが隠し撮りしてた私の「寝顔&イビキ」
すごいすごいとは聞いてたけどさあ。実際に映像で見るとかなり引くね(-_-)

7泊8日の楽しい旅行も、トラブルなく終わりました。
初めての北海道を200%楽しんだ、忘れられないすばらしい旅になりました。
大幅に遅れながらも何とか旅の記録も書き終え、ちょっとホッとしています(^。^)

最後までお付き合い頂きありがとうございました!


北海道旅行6日目<網走~知床> [travel]

5月5日 8:30
北見のホテルを出発。
昨夜からの冷え込みが続き、今朝も寒い。やはり道東に来ると、5月とはいえかなり冷えますね。
この旅2度目のダウンジャケット着用となりました。
さて、北見市内から車で走ること1時間、本日始めに向かうのはお隣の市、網走。
北海道へ来る前に購入したガイドブックで見つけて、そのマニアックっぷりに感激し
速攻でマークした場所・・・「博物館 網走監獄」へ。


明治から昭和にかけて使用されていた旧網走刑務所を、移築、復元、再現して作られたという
この博物館は、東京ドーム4個分の広大な敷地内に建つ、れっきとした財団の文化財。
有名なアメリカのアルカトラズも今は確か見学できますよね(^^)

主な施設は、中央見張りから5方向に伸びたベルギー方式の獄舎<五翼放射状平屋舎房>
看守たちの住まいを再現した<看守長屋>規則違反をした囚人が入れられた<独居房>など。
実際に使われていたものだから当然なのだけど、そのリアルなことリアルなこと!
柱のキズ、壁のシミ、床の汚れ、張り紙の文字の薄れ、などなど、360度すみずみまで
刑務所の生々しさをひしひしと感じます。
それに加え、館内の至る所に立つ「囚人の人形」がこれまたリアル!あまりにリアルなので
ドキッとすることしばしば・・・(^^;)
あげく、資料館の入り口にたつ係のおじさんにも「ビクッ」っとしてしまう始末・・・
では、ビクビクしながら撮った囚人のみなさんをちょっとご紹介
   
~休泊所~                  ~浴場~
移動労働する囚人たちの仮小屋。     囚人たちの最大の楽しみであるお風呂。
座ってる囚人と看守が電動で動く。     明治時代には珍しいボイラー浴場。
まじでこわい・・・                もんもん入ってます・・・

かつての北海道開拓として進められた「北海道中央道路」の工事に、ここ網走刑務所の
数多くの囚人たちが使われたそう。
想像を絶する過酷な作業の中、飢えと寒さで多くの囚人が犠牲となりました。
北海道開拓に携わった囚人たちの実績、刑罰の歴史を知る上でも、行って良かった!
マニアックだけじゃない、とっても為になる博物館でした。

監獄気分を味わったところで、お次は日本最後の秘境「知床半島」へ。
真っ青なオホーツク海を左に臨み、クルマで1時間半、見えてきました!断崖の岬!
来月にも世界遺産登録か、といわれている今話題の知床は、人の手の入らない自然が残り、
生き物のいのちが溢れる場所。野生のヒグマが数多く生息する地としても有名ですね。
知床五湖へ行く前に、まずは腹ごしらえ!
知床料理のお店「一休屋」さんで、鮭親子丼を食しました)^。^(
 

有名なお店しく、店内は有名人のサインがいっぱい!
いやいや~、こんな口の中でトロける鮭、食べたことないよ~最高!
イクラもぎっしり!ごはんもびっしり!ほどよい味付けがしてあって、超美味!
これで1365円は安いよね~。ごちそうさまでした☆

身も心も満たされたところで、本日のメイン「知床五湖」へ!
霧に包まれた木々が覆いかぶさるような、神秘的な道を進んでいくと
ひょっこり現れたのは野生のエゾシカ。

このあたりは、フツーにエゾシカが生息していて、しかも人なれしてる(^^)かわいいー♪

しばらく走ると大小5つの湖の周りをぐるりと囲んだ遊歩道入り口に到着。
でもすごい霧で中に入れるのかちょっと心配・・・。
しかも「ヒグマ注意、対策を!」のでかい看板が・・・。
鈴を買おうかどうしよか迷ったけど、結局、丸腰(ってゆうのかな)で挑むことに。
夏には珍しい様々な草花が咲く遊歩道も、今は一面雪景色。
奥へ進むにつれて、木道も雪道に・・。残念ながら五湖全てが霧と雪に覆われていました。
   
でも、それはそれでまた神秘的☆
「澄んだ空気」ってゆうのはこうゆうのを言うんだな~と実感。
身体の隅々まで、五臓六腑洗われた気がしましたねえ(^~^)
流れ込む川もない、流れ出す川もない、ということは、湧き出す水で出来た湖ってことですよね。
自然のちからを感じます。

軽く汗をかきつつ、知床五湖巡り終了。本日の宿である屈斜路湖半へ。
ちなみに屈斜路湖の近くには、年中霧に覆われていることで有名な摩周湖があります。
幸いにも屈斜路湖は淡いブルーの光を放って、とってもキレイに見えました。

白鳥が降り立つ湖畔の宿で、温泉とビールで幸せな気分で就寝。
6日目も無事終了!
ただ今の走行距離・・・1450キロ



北海道旅行5日目<旭山動物園~北見> [travel]

5月4日 8:00
強烈な二日酔いの中、今大人気の「旭山動物園」へ。
前日のニュースでは、動物園までの道が大渋滞だと言っていたので
ちょっと早めに出たんだけど、やっぱりちょっと渋滞にはまる・・。
でも無事動物園そばの駐車場に止めることが出来てラッキーでした!

さて、この旭山動物園。昨年夏に上野動物園を抜いて、入場者数が全国1位になった
動物園で、いまメディアでもさかんに取り上げられてます♪
人気の秘密は「行動展示」とよばれるそのユニークな飼育環境。
今までの動物園は、檻の中にいる動物たちを、ただ外から見るだけだったけど
ここ旭山動物園では、動物の行動や習性を最大限に生かした様々なアイデアで
動物たちを身近に感じられる飼育環境を作っているのです。
全国から集まったお客さんたちに、動物たちもサービスたっぷりで応えてくれます(^O^)

まずは大人気の「あざらし館」へ。
    
あざらしの陸と水中 両方の動きが楽しめる造りになっていて迫力満点!
写真右の方は、この動物園の名物である円柱の水槽を、下から上に昇っていくあざらし君。
あまりのスピードにシャッターチャンスが掴めず、変なアングルになってしまったけど・・・
縦に泳ぐという、あざらしの習性を生かした展示方法です。

お次は「もうじゅう館」
   
どうですか!この迫力!ネコじゃないですよ~ライオン様です。
檻の一部がガラス張りになっていて、こんなに近くで見ることができるんです!
目があったので手を振ったら、笑ってくれました(写真左)

お次は「ほっきょくぐま館」

こちらも、あざらし同様、陸と水中の動きが見られる造りになっています。
他にも、ホッキョクグマが好んで食べるというアザラシの目線に見立てて作られた
陸に飛び出したカプセルの中から、襲ってくるホッキョクグマを見れるブースもあったりして
迫力たっぷり!
水槽に飛び込むと、子供たちはもちろんのこと、大人も大歓声をあげていました(^^)
ボールで遊んでいるシロクマ君(写真)

最後はとってもかわいい「ぺんぎん館」

普段はピョコピョコ歩いているぺんぎんですが、いざ水の中に入ると鳥の様にビューンって
泳ぐんですよね!その様子を360度見られる水中トンネルは、残念ながら大行列で
見れなかったんだけど、陸でもこんなに近くに見ることができます。
ぺんぎんってとっても人なつこくて好奇心旺盛。
ビデオカメラを向けていたら、プラプラしてたレンズキャップを「ぱくっ」って噛まれちゃった(笑)

他にもオラウータンや、猿山、キタキツネ、鳥類など、趣向をこらした展示方法で
お客さんをたっぷり楽しませてくれた旭山動物園。
でもこれらのアイデアはまだまだ途中経過で、これからもどんどん増やしていくそう。
楽しみですね~♪ たとえ遠くからでもやって来る価値は十分にありますよ!

かわいい動物たちに楽しませてもらったらお腹がすいてきたので、旭川市街へ戻って
旭川ラーメンを食すことに。地元の人気店「蜂屋」へ。
とにかくスープが絶品!最後まで飲み干しちゃいました☆
満腹になったところで、本日の宿泊先 北見へ。
途中雨と雪に会いましたが、走行には影響なく無事到着。
夕食はホテル近くの「蛍家」という郷土居酒屋へ。
この蛍家さん、店内の内装が凝ってておもしろいし、料理も最高においしかった!
北見に行かれる際は是非行ってみる価値あり!です。
たまっていたブログの更新も終えて、本日も予定通り終了。
明日は日本最後の秘境「知床」です。
ただいまの走行距離・・・1100キロ 


北海道旅行4日目<富良野~美瑛> [travel]

5月3日 8:00
超快晴の空の下、富良野&美瑛めぐりスタート!
まずはやっぱり「北の国から」スポット巡りから。目指すは聖地、麓郷。
麓郷へ入ったとたん、ドラマで見慣れた風景が目の前に広がって、早くも大感動☆
車内のBGMは当然、北の国からサウンドトラック(笑)雰囲気たっぷりです♪
「なかちゃん」のおうち中畑木材を過ぎるとすぐに見えるのが「拾ってきた家」エリア
最終話となった「2002遺言」に登場する、五郎が廃材を使って建てた家が集まっています。

ちょっと遠いけど、真ん中に見えるのは雪子おばさんのおうち。
その横には、中ちゃんの娘夫婦の家と、ドラマ終了後に建てられた「純と結の家」もあります。
各家は中も見学出来るようになっており、室内は細かいところまでちゃんと作られていて
まさにドラマの世界さながら!思い出しますねえ・・

さて次は、五郎さんが最後まで住んでいた「石の家」へ。
家の前にはちゃんと羊が放されてたりして、いい感じ(*^^*)

 
以前は展望台からしかみれなかったみたいですが、今は中も見ることが出来ます。
遺言を書いた机や作業服、タオル、男山の一升瓶などなど、五郎さんゆかりの品が
ちゃんと残っています。もちろんお風呂もね! 

感動冷めやらぬうちに、お次は「麓郷の森」へ。
シリーズの中で一番好きな「初恋」で純がプレゼントした風力発電の付いた
3番目のお家があります。

こんなに小さかったのかー!ってびっくりしちゃうほどこじんまりとした造り。
純たちが寝ていた2階(ロフトみたいなの)もちゃんと付いてました。
あれからもう随分月日が経ってるのでかなり老朽化してましたが
風力発電がくるくる回っているのを見て、なんだか懐かしいのと切ないのとで
ちょっとしみじみ・・・胸がいっぱいです。

ずっとあこがれていた北の国からロケ地めぐりが出来て感無量☆
さあ、これから丘の町・美瑛へ向かいます。
天気が良くてほんとによかった~と実感する、青空と丘の緑のコントラスト!
美しすぎる風景が目の前に広がり、出るのはため息ばかり・・・。
ついつい運転スピードもノロノロ・・・(^□^;)
   
パッチーワークの路です        はるか向こうに見えるのは親子の木  
                       残念ながら木はまだ芽が出たばかりです
   
クリスマスツリーの木          葉っぱのない木でも絵になります
数ある有名な木のうち、この木だけ
葉っぱがありました!

これぞ北海道!という絵はがきのような田園風景が広がる美瑛。
今度は是非、夏に来たいですね♪

たっぷり美瑛を楽しんで、今夜の宿泊地旭川へ。
北海道第2の都市というだけあって、なかなかの歓楽街。
ついつい気分も大きくなりたくさんお酒を飲んでしまい、記憶喪失でホテルへ・・・
本日も予定通り終了。
明日はいよいよ「旭山動物園」です!
ただいまの走行距離・・・850キロ


北海道旅行3日目<小樽~札幌> [travel]

5月2日 8:00
宿を出発。夜中のどしゃ降りの雨がウソみたいに快晴!
雨が空気をきれいに洗ってくれて、小樽の町並みがくっきりと見えます。
さっそく、朝ご飯。朝からゴーカに海鮮どんぶり☆
ウニ・イクラ・ぼたんえび・ホタテ・トロ・サーモン・シャコ

小樽はお寿司と海鮮丼が有名らしく、至るところにお寿司屋さんがあります。
やっぱうまいね~全然違うよね。満足!

あと小樽といえば「ガラス細工」
有名な北一硝子本店で、おみやげ用に花びんやグラスを購入。
北一硝子のアウトレット店も本店と同じ並びにあり、こちらはかなりリーズナブル。
家庭用包装のみだけど、ちゃんと厳重に箱詰めしてくれるので安心。
「Sex And The City」でおなじみのNYスタイル・マティーニグラスを見つけたので即購入!
今までさんざん探して見つからなかったのに、こんなところで見つけるとは!しかも激安。
いい買い物しました♪

おなかも満腹、買い物も済んだところで一路札幌へ。
高速使って1時間弱で到着。意外と近いんですね~。
札幌の町は京都みたいに碁盤の目で、交差点の名前も「北5西4」みたいに
東西南北&数字になってて分かりやすい。これだと迷子になっても説明しやすいよね(^~^)
大通り公園、時計台をちらっと見学して、お昼ご飯はやっぱり味噌ラーメン。
ちぢれ麺はちょっと苦手だけど、スープはなかなかうまかった!
おみやげの定番「六花亭」で大量にお菓子を買い込んで、札幌を出発!一路富良野へ。

高速と下道を使って2時間30分。憧れの地、富良野へ到着。
ラベンダーの時期にはちょっと早いけど、この旅一番の楽しみだった富良野。
「北の国から」ファンにとっては聖地ですからね~(^^)
宿にチェックインしたあと、近くの新富良野プリンスホテルに隣接した森の中にある
倉本聰プロデュースのショッピングモール「ニングルテラス」へ。
ライトアップされた小さなログハウス15棟が、ウッドテラスでつながっていてとってもかわいい。
ろうそくやクラフト小物、万華鏡や銀細工などのショップや、ドラマ「北の国から」「優しい時間」の
グッズなんかも販売されてます。
笑っちゃったのが「五郎のニット帽&うさぎのマークの作業帽」
五郎さん愛用のカーキのニット帽には「黒板」の刺繍入り(^O^;)細かい!
テラスを抜けるとありましたありました!

ドラマ終了後は喫茶店として営業している「森の時計」
入口横にはちゃんと、マスターが薪を割るスペースもありました。
残念ながら大行列で中には入れませんでしたが、外からでも十分雰囲気満喫♪
ペンションの奥さんから聞いた話によると、毎日1時間待ちは当たり前で
中でもカウンターの大竹しのぶの席は一番人気だとか。
ドラマの様にミルで豆を挽くサービスも実施しているようです。

本日も予定通り終了。
明日はいよいよ富良野&美瑛めぐりです。

ただいまの走行距離・・・650キロ

北海道旅行2日目<室蘭~小樽> [travel]

5月1日16:00
室蘭に到着。港のせいか、ものすごい寒い(><)早速いちお持ってきていたダウンジャケットを
着込む。温度表示は10℃を切ってました・・・。そりゃ寒いわよね・・。
本日の宿泊先、小樽へひとまずクルマで向かいます♪
途中、洞爺湖のそばを通ったので、ちょっと休憩。

真ん中に島があって、とても広くて静かな湖です。
湖畔には温泉郷があります。
湖の周りをぐるっと廻ると、目の前に蝦夷富士とよばれる「羊蹄山」が見えます。
いやいやーこのあたり、まだまだ雪が残ってて羊蹄山も真っ白!
近くにはスキーで有名なニセコがあります。
100キロほど走って無事小樽へ到着。
宿へチェックインしたあと、小樽の町へ繰り出しました(^^)
小樽といえば、やっぱりこれ。

小樽運河ですねー。ここは観光客の写真スポットらしく、おもしろいかけ声をする
カメラマンのおじさんがいました(^^)
夜はライトアップされててとってもキレイ!古いレンガ倉庫の中はビアレストランや
輸入雑貨のお店になってます。
この運河のお向かいに、先日オープンしたばかりの屋台村「小樽出抜小路」があります。
明治、大正の雰囲気ただよう、映画のオープンセットのような感じで、とっても楽しい!
中はお寿司、ラーメン、甘味処、ジンギスカンなどなど24軒の飲食店が入ってます。
ここで今夜はジンギスカンをチョイス!

正直、ラムって苦手だったんだど、全然臭くなくておいしかったー!
生でも食べれるという新鮮なラムは分厚くて、とっても柔らかい。
しかも安いんだよね~(1人前700円)ヘルシーだし、いくらでも食べれちゃいます♪
こないだ「王様のブランチ」で今は空前の羊ブームなんです!って言ってたな。
いやいや、この旅行中もう一回いっときたいね~
満腹になったとこで、本日の宿へ。
小樽が一望できる天狗山の麓のペンション。
北海道1日目はなんとか予定通り進みました(^^)
ただいまの走行距離・・・500キロ


北海道旅行1日目<埼玉~直江津> [travel]

4月30日13:00
埼玉の自宅から関越道で3時間、直江津港へ着きました。
渋滞なんかまったくなくて、快適なドライブ♪
新潟はボードで来たことしかなかったから、ちゃんときたのは初めて。
船の出港まで時間があったので、お寿司を食べました(^。^)

5月1日0:00
直江津港発室蘭行き「レインボーラブ」の出港です。
今までたくさんフェリーに乗ってきましたが、このフェリーは一番きれいかも。
安い割に、中はとっても上品で快適☆2等寝台でも十分くつろげます♪
これから16時間の船の旅です。

ちなみに・・・
今回の旅の記録に併せて、前から欲しかったデジタルビデオを購入。
Canon FV M30 (池袋ビックカメラで結構安くで買えました♪)

最初はパナソニックで9割進めてたんですが、マニア店員の強烈なプッシュで
こちらに心変わり(^△^)
いやいや、いいですよこれ!心変わりして良かった~
使いやすいし、画がきれい。いろんな撮影モードもついてて
ちょっとプロ仕様ぽいです☆
さあー明日から撮りまくるでー


北海道へレッツゴー! [travel]

これからマイカーで、北海道横断7泊8日(船中泊2泊)の旅へ行ってまいります♪
パソコンもって行くので、向こうで旅の記録を毎日更新したいと思います(多分・・)
では行ってきまーす!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。