So-net無料ブログ作成
検索選択

「マラソン」試写会 [cinema]

先日のブログでもちょっと書きました、7月2日(土)より公開の韓国映画マラソン」の
試写会に行ってきました。ムービープラス主催のこの試写会。
場所は銀座ヤマハホールでしたが、着いたらすでに超満員!9割9分女性でしたね~☆
韓国ではすでに500万人以上を動員し、大ヒットを記録したこちらの映画。
さてさて、いかがなものでしょうか・・・(^~^)

 
シマウマとチョコパイとジャージャー麺が大好きなチョウォンは、見た目は普通の
20歳の青年だが、幼少期から自閉症の障害を抱え5歳児並みの知能しか持たない。
しかし、抜群の記憶力を持ち、その心は天使のように純真。
母キョンスクは20年間、チョウォンにかかりきりで、息子よりも一日だけ長く生きたいと願う。
自閉症の治療にと始めたマラソンに、息子のいきいきと輝く姿を見つけたキョンスクは
フルマラソンを3時間以内で完走することを目標に、元有名マラソンランナーのソン・チョンウクに
コーチを依頼するのだが・・・。
実在の人物であるペ・ヒョンジンさんをモデルに、彼の母の手記を元に描かれた
心温まる奇跡の物語。

暗くなりがちなテーマを、ここまで明るく、楽しく、面白く、そして感動的に描いたことに
まず拍手。そしてやはり、難役を演じたチョ・スンウの、研究に研究を重ねたであろう役作りと
すばらしい
演技力に拍手です。
こうゆう映画にありがちな、泣かせよう泣かせようとする過剰演出もなく
すんなりと映画に入り込み、自然に頬がゆるみ、涙腺がゆるんだのは
実話に基づいたストーリーに、さりげないユーモアを添え
とても心地よいテンポに仕上げていること。
そして、それぞれの役に上手く徹した役者たちのリアルな演技によるものが大きい気がします。
主役2人はもちろんですが、兄にかまってばかりの母に心を閉ざす弟役のペク・ソンヒョン、
飲んだくれのコーチ、イ・ギヨンの演技もとてもいい雰囲気を出していました。

それから、前半に使われたセリフや小物、シーンや色使いなんかを、後半に上手く絡ませている
箇所がいくつもあり、それがとても自然で好感が持てました。
ラストシーンへの運び方は、ファンタジーぽい演出がしてありましたが
大げさになりすぎず、それが逆に良かったですね。


アクションがあるわけでもなく、特殊な映像効果があるわけでもなく
派手な演出があるわけでもなく(ラストのチュンチョン国際マラソンのシーンの空撮は
CGなしの実写だそうですが)
どちらかといえば、地味なタイプの映画になるのかもしれませんが
観るものの心にきっと何かを与えてくれるステキな作品です。
まだまだ世間の認識と理解が薄い、自閉症という障害を、少しでも知る上でも
是非見ておきたい映画です。

さあ!チョウォンの勇気に元気をもらおう(^O^)/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

杏奈

chi-noji様
TBありがとうございます。
chi-nojiさんもスンウファンでいらっしゃるんですね!
私の周りも知らない人ばかりなんです。
ラブストーリーに出てたって言ったらたまに分かる人がいるくらいで。

マラソン、しみじみといい映画でしたね。
さすがスンウ!
これからも色んな顔を見せてくれるんでしょうね。
ヘドウィグ&ジキハイすんごい観たかったです。

7月は確かに観たい映画一杯あります。
それに増して観劇予定も一杯なので、とりあえずマラソンと
彼女を信じないで下さいだけで我慢しようかと・・・。
これからも共にスンウ応援しましょうね!
by 杏奈 (2005-06-22 22:48) 

chi-noji

>杏奈さん
こんばんわ~♪TBありがとうございます!日本では見れない(どこかでは見れるのかな?)スンウのミュージカル、観てみたいですね~
WHO ARE YOU?でアコギで歌ってたけど、上手かったですよね~!
こちらこそこれからもよろしくお願いします!スンウ情報期待してます☆
by chi-noji (2005-06-23 01:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。